国内の仮想通貨取引所といえばbitFlyerが真っ先に思い浮かぶという人も少なくないはずです。

実際にbitFlyerは日本初の仮想通貨取引所であり、国内でもっとも大きな規模の取引所です。

結論からいえば、国内の仮想通貨取引所のなかでどこを使おうか迷っている場合であっても、また初心者でも上級者でも関係なくbitFlyerのアカウントは持っておくべきです。

理由は以下で詳しく解説しましたが、現実問題、日本で仮想通貨取引をやっている人でbitFlyerのアカウントを持っていないという人は相当少ないです。

取引を始めようと思ったら、まず初めに開く取引所というような立ち位置ですので、それを前提に本文を読んでもらうとより理解しやすいと思います。

まずはこれを押えろ!bitFlyerの基礎知識

兎にも角にもこれは最低限知っておいてほしい!

他は知らなくてもこれだけは知っておくべき!!

という内容をまとめました。

bitFlyerを初めて聞くという人でもここの内容だけ押さえておけばまずは問題ないでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

bitFlyerは2014年1月に設立された日本の仮想通貨取引所兼、販売所です。

株式会社bitFlyerというところが運営しているサービスであり、本社は国内・海外の超有名企業が立ち並ぶ六本木のなかでも超高額賃貸オフィスで知られるミッドタウンに本社を構えています。

基本的な会社情報は以下にまとめましたので興味があれば見てください。

会社名 株式会社bitFlyer
設立 2014/1/9
資本金 41億238万円(資本準備金含)
代表取締役 加納裕三
取締役 CTO 小宮山峰史
本社所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー8F
登録 仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00003号)

日本国内では仮想通貨取扱業者として初のテレビCMを放映したことでも話題を呼びました。

テレビCMのイメージキャラクターには人気女優の成海璃子さんを起用していますね。

bitFlyerの取扱銘柄

仮想通貨のなかでも主要銘柄といわれている『ビットコイン』、『イーサリアム』、『イーサリアムクラシック』、『ライトコイン』、『ビットコインキャッシュ』、『モナコイン』、『LISK(リスク)』を扱っています。

大企業からの出資により強固な財務基盤を確保

bitFlyerは国内の名だたる大企業からの出資を受けています。

これにより強固な財務基盤を作り上げ、充実したサービスの提供とサポート面の徹底を図っています。

財務基盤の厚さは間違いなく業界最大で、これも創業者である加納氏はじめ幹部の人たちの人脈があってこそなせる業でしょう。

国内取引所初のグローバル化

国内取引所としては初めて海外市場への展開をしました。

2017年の12月よりアメリカへの進出を果たしており、bitFlyer USAとしてサンフランシスコにアメリカ本社を構えています。

海外への進出を機に、取り扱う仮想通貨の銘柄数が増えていくことが予想されています。

というのも、海外ではかなりの数の新規コインが誕生しており、世界最大手のビットレックスはすでに100種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

この差をどう埋めていくのか?というのが今後の大きな課題になっていきそうです。

アカウントクラスについて

bitFlyerには独自の概念としてアカウントクラスというものが設けられています。

これはいわゆるアカウントの”格”のようなものであり、現在はウォレットクラスとトレードクラスの2種類に分けられています。

登録をした段階では全員ウォレットクラスに振り分けられ、本人確認などの必要なアカウント情報を提供することによってトレードクラスに上げることができます。

文字通りウォレットクラスではお財布としての役割しかないため、仮想通貨の売買(トレード)を行いたいのであればトレードクラスにアップグレードすることは必須になってきます。

以下にそれぞれのクラスでできることと、アップグレードの条件をまとめておきますので参考にしてください。

bitFlyerのメリット・デメリット

他社と比較したときにbitFlyerが優れている点と劣っている点を客観的にまとめていきます。

メリット・デメリットはそれぞれ冒頭で箇条書きにして、簡潔にまとめていますので大枠だけざっくりと掴めればいいという人はまとめの部分だけを見るようにしてください。

それぞれの詳細について興味のある人はそれに続く本文をご覧ください。

bitFlyerのメリット

bitFlyerのメリット
  • 国内最大取引所としての信頼と実績
  • 使いやすいインターフェース
  • ビットコインFXができる
  • キャンペーンが豊富
  • segwitに対応している
  • しっかりとした経営層

国内最大取引所としての信頼と実績

これは揺るぎないbitFlyerの魅力といえるでしょう。

国内初の仮想通貨取引所であり、なおかつ国内最大の取引所でもあります。

すでに書いた通り、経営陣の人材も素晴らしく世界的に見ても見劣りしない優秀な人材がそろっています。

これらの要素による信頼性はbitFlyerを短期でここまで大きな企業に成長させた要因のひとつともいえるでしょう。

また、実績として申し分ありません。

bitcoinの取引量は国内No.1として不動の地位を築いています。

国内では他の仮想通貨取引所を押えて頭一つ抜きに出ている存在であることは間違いないでしょう。

使いやすいインターフェースと考えられた操作性

操作性や管理画面の見やすさもメリットです。

さすがによく考えられており、初心者から上級者まで使いやすい操作性とデザインになっています。

bitFlyerはその知名度から、これから仮想通貨取引を始めるという初心者もかなりの割合でいるといわれています。

そのため、仮想通貨取引についてほとんど知識がない人でも簡単にbitcoinを購入できるような工夫がされています。

これは取引所ではなく販売所にはなってしまいますが、わずか2クリックをするだけで購入・売却が完了するため、初めての人でも全く抵抗なく利用することができるでしょう。

一方、上級者や投資のプロをターゲットにした管理画面やトレード画面も人気です。

詳細な設定や必要最低限のシンプルなトレード画面は投資を熟知した上級者にとってはかなり使いやすい操作画面です。

ビットコインFXができる

これもbitFlyerの人気の秘密です。

ビットコインを使ったFXや先物取引ができる仕組みであり、他の取引所にはない大きなメリットといえるでしょう。

FXや先物などの証拠金取引の魅力はなんといってもレバレッジ。

手許にある資金以上の取引をすることができる取引は、大きな利益を上げる可能性を大幅にアップさせてくれます。

bitFlyerでは最大15倍までのレバレッジをかけることができます。

Lightning FXやLightning Futuresと呼ばれるシステムで、bitFlyerではプロ向け取引所として位置付けられています。

キャンペーンが豊富

bitFlyerでは顧客満足度を上げるためのキャンペーンが豊富にあります。

そのなかでも代表的なのが『無料でbitcoinがもらえるサービス』と『ボーナス制度』です。

アカウント開設後、管理画面から『bitcoinをもらう』というところを選択するとさまざまなサービスの一覧が表示されます。

ここに表示されているサービスを利用することによって、bitcoinで還元を受けることができるという制度です。

サービスの利用といっても、なかには無料体験やカード発行などでbitcoinがもらえるものもあり、これだけでもかなりのbitcoinを貯めることができます。

また、ボーナス制度というのは月間の取引高に応じてボーナスを貰うことができる制度です。

取引高はランキング形式で表示され、上位に入ると日本円にして1万円近いボーナスを受け取ることができます。

ただし、このボーナス制度は期間限定で開催されているものが多く、時期によって基準やボーナス額も変わりますので随時チェックするようにしたほうがいいでしょう。

segwitに対応している

segwit(セグウィット)というのは、いわゆるbitcoin取引を高速化できるシステムのことです。

厳密に言えば、トランザクションの容量を圧縮することで処理速度を高速化する仕組みのことをいうのですが、難しいことは置いておいてとにかく送金速度などが早いという風に理解しておけばOKです。

さらに、このシステムのおかげで送金手数料も安くなり、いいことずくめ。

2018年3月現在、このsegwitに対応している取引所はbitbankとbitFlyerのみです。

しっかりとした経営層

経営陣の層の厚さは本物です。

仮想通貨というとまだまだ『怪しい』とか、『胡散臭い』というイメージの強い業界ですし、まだまだ未熟な市場です。

実際に2018年にはコインチェックの仮想通貨流失事件が話題になりました。

これは国内でもさまざまな論争が沸き起こる原因にもなり、「だから仮想通貨なんて胡散臭いんだよ」って思った人も多いのではないでしょうか。

ただ、仮想通貨の将来性というのは確かで、世界中が注目していることからもその将来性は分かります。

そんな将来性のある市場でbitFlyerを起こしたのが加納裕三氏です。

東大大学院を卒業後、かの有名な世界最大の投資銀行ゴールドマンサックス証券を経てbitFlyerを創業しました。

創業者である加納氏以外にも、幹部の経歴は破壊力満載の超エリートたちばかりです。

加納 裕三(代表取締役)
1976 年生まれ。2001 年に東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券にてエンジニアとして自社決済システムの開発、トレーダーとしてデリバティブ・転換社債トレーディングに従事。

小宮山 峰史(取締役 CTO)
1971 年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、1994 年、株式会社コナミ入社。ソニー・コンピュータエンタテインメントを経てゴールドマン・サックス証券に入社し決済システムを構築する。

金光 碧(取締役 CFO)
1982 年生まれ。一橋大学経済学部卒業、ゴールドマン・サックス証券株式会社に入社。投資銀行部門資本市場本部にて 10 年間勤務。転換社債、種類株、ハイブリッド証券等を用いた資金調達における商品設計を担当し、日本初となるストラクチャーの案件も複数執行。またクロスボーダーM&Aにおけるリスク管理のアドバイザリー業務等にも携わる。

bitFlyer公式HPより一部抜粋

bitFlyerのデメリット

bitFlyerのデメリット
  • 取扱銘柄数の少なさ
  • アプリの使いにくさ
  • 取引手数料が高い
  • 電話サポートがない
  • bitcoinのみ取引所としての役割を担っている
  • サーバーが重い

取扱銘柄数の少なさ

国内の仮想通貨取引所はどこも少ないので国内同士で比較したときにはそこまで劣っているとも言えませんが、やはり取扱い銘柄数の少なさはひとつデメリットといえるでしょう。

とくにアルトコインの取扱数については海外の取引所にまったく及びません。

bitFlyerは海外進出も果たしており、海外ではアルトコインや草コインへの需要も高いため、今後取扱数は増えていくといわれているものの現段階ではまだまだ劣っているといえます。

専用アプリに若干不満

bitFlyerにも専用のアプリがありますが、このアプリの取引画面が若干不満という感じです。

あくまでも若干であって大きな不満はないのですが、FXアプリなどと比較すると少し不親切な点が多い感じです。

全体的にシンプルな作りになっているため、わかっている人にとっては使いやすいのですが初心者や初めてアプリでの取引をする人にとっては若干使いにくさを感じるかもしれません。

以前からコインチェックのスマホアプリが使いやすい!と定評があったのですが、例の不祥事で新規登録ができない状態になっています。

新規登録の再開までにbitFlyerのアプリがどこまで進化するのかもみどころですね。

取引手数料が高い

公表されている純粋な取引手数料だけを見てみると、他と比較してさほど変わりません。

しかし、目には見えない手数料であるスプレッドがとても大きい傾向にあります。

bitFlyerのスプレッドは国内でも広いほうに分類され、ここを知らずに取引してしまうとかなりのパーセンテージを手数料として持っていかれることになります。

実際に公表されている手数料だけしか見ずに膨大な取引をして、結果を見ると手数料だけで数十万持っていかれていたなんていうケースも少なくありません。

スプレッドが広いということは、短期売買には向かないということです。

つまり、bitFlyerはbitcoinの長期もしくは中期保有としてはおすすめできるが、デイトレやスキャルピングなどの短期売買目的での利用はおすすめできないということです。

電話サポートがない

サポート力の部分で少し難ありといった感じです。

通常これだけ大きな取引所であれば電話サポートくらいはあってもよさそうなものですが、bitFlyerは電話サポートに対応していません。

カスタマーサポートについては、専用のお問い合わせフォームか、もしくはメールでの問い合わせに限られています。

今すぐ解決したい疑問やトラブルなどが起きたときに電話が使えないというのはデメリットといえますね。

bitcoinのみ取引所としての役割を担っている

bitFlyerはbitcoinの取引所しかありません。

他のアルトコインも扱ってはいるものの、それはすべて販売所として扱っているだけです。

販売所と取引所の違いを簡潔にいえば、『bitFlyerから購入するか、それとも市場(仮想通貨の保有者同士)で購入するか』の違いです。

これだけだと別に何の問題もないじゃん?と思うかもしれませんが、手数料面で大きな違いがあります。

販売所で購入する場合と取引所で購入する場合では、タイミングによって異なるものの大きいときで約5%程度販売所のほうが高くなります。

つまり、販売所で購入するよりも取引所で購入した方が安く買うことができるということですね。

確かにbitFlyerはメリットも多く使いやすい取引所ではあるのですが、それはあくまでもbitcoinに限った話であり、他のアルトコインを購入する場合には別の取引所を使うほうがいいでしょう。

サーバーが重い

これは実際にbitFlyerを使っている人がよく経験することです。

国内最大級ということだけあり、取引量も膨大であるためサーバーへの負荷は尋常ではありません。

特に暴落や暴騰の際にサーバーが重くなる傾向があり、不便さを感じることがあります。

ただし、サーバーが重いとはいっても完全に動かなくなるというわけではなく、動作の遅さや遅延というのを多少感じる程度です。

この点は他の取引所も同等レベルですのでそこまで見劣りはしませんが、ここまでの組織を抱え、膨大な取引量を誇っている取引所としては少し期待外れな部分です。

損害補償制度は大きなメリットとは言えない

ひとつ注意点として挙げておきたいのが、bitFlyerの掲げる損害補償制度についてです。

単に『損害補償制度』といわれると、不正アクセスなどがあった場合の被害を補填してくれるんだなっ!と短絡的に思ってしまいがちですし、実際にそのような書き方をしているサイトもあるのですが、この点は要注意です。

確かにbitFlyerでは損害補償制度があり、しかもその保証の限度額が保証されていません。

しかし、この保証制度はあくまでも不正出金にかかる保証制度であって、それ以外のものについては保証の対象ではないということを知っておく必要があります。

つまり、仮想通貨の不正送金については保証の対象ではないということです。

仮想通貨のアカウントへの不正アクセスに関する被害としてもっとも怖いのは不正出金ではなく、不正送金であることを理解しておきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリットまとめ

ここまでbitFlyerのメリット・デメリットをそれぞれ詳しく見てきました。

ここで改めてそれぞれのポイントを簡潔にまとめておきましょう。

bitFlyerのメリット・デメリット
    メリット

  • 国内最大取引所としての信頼と実績
  • 使いやすいインターフェース
  • ビットコインFXができる
  • キャンペーンが豊富
  • segwitに対応している
  • しっかりとした経営層
    デメリット

  • 取扱銘柄数の少なさ
  • アプリの使いにくさ
  • 取引手数料が高い
  • 電話サポートがない
  • bitcoinのみ取引所としての役割を担っている
  • サーバーが重い

これを踏まえてbitFlyerの総合評価や口コミ評判を見ていきましょう。

bitFlyerはbitcoinで中長期投資をしている人にはおすすめ

メリット・デメリットからわかることは、bitFlyerはbitcoin取引に特化する場合におすすめということです。

デメリットでも見た通り、bitcoin以外の仮想通貨の取扱数が少なく、アルトコインを取り扱っていたとしても取引所としての取扱ではないため色々な銘柄を取引したい人には向きません。

ただし、セキュリティ面や信頼性、安全性、キャンペーンの豊富さなどでは他の追随を許さない高いレベルを誇っています。

こう考えてみると、bitcoinを取引する国内の取引所としては間違いなくもっともおすすめできます。

また、スプレッドが他の取引所と比較して広いことから、短期投資よりも中長期投資向きになります。

短期であっても使ってはいけないということはありませんが、どちらかというと中長期運用をしていきたい人に向いている取引所といえるでしょう。

他の取引所と比較したときのbitFlyerの位置関係

日本国内にある主な仮想通貨取引所(販売所)の位置関係を視覚的に分かりやすく表してみました。

評価は『トラストランク(trust rank)』と『スペック(spec)』という独自の基準によって行いました。

トラストランク(trust rank)=取引画面の使いやすさや操作性、セキュリティの安全性、企業の信頼性など、主に数字で客観的に判断できないもの。
スペック(spec)=手数料やスプレッド、取扱銘柄数など、主に数字で客観的に判断できるもの。

※1.相互の位置関係はあくまでも独自の基準によって選んだものですので、人によっては感じ方が違う可能性もあります。そのため、絶対的なものとしてではなく、参考程度にとどめておくことをおすすめします。

※2.あくまでも当サイトが選んだおすすめの取引所のなかでランク付けを行っているものであって、トラストランクやスペックが低いと判断している取引所でも、国内外にある取引所全体からいずれも見れば高い水準にあります。

bitFlyerの口コミと評判

bitFlyerの利用者は実際どのように思っているのでしょうか。

Twitterをメインに実際に利用者の生の声を取り上げてみました。

アカウント情報などのプライバシー保護のため、サムネイル画像とIDを伏せて掲載しています。

bitFlyerに対して高評価な口コミ

bitFlyerに対して低評価な口コミ

当サイトのbitFlyerに対する評価

実際にbitFlyerを使っている人の生の口コミをみてもわかる通り、サーバーダウンの頻度は結構高いです。

ただ、これに関しては他の取引所もまったくないというわけではありません。

こういうところがまだまだ仮想通貨市場が未熟だといわれる所以なのかもしれませんね。

bitFlyerもサーバーの負荷に対してはコメントしており、今後改善予定であるとは言っています。

一方、評価している人の大半はやはり信頼性です。

企業のガバナンスもそうですが、会社の方針そのものがコンプライアンスを最重要視していることからもわかる通り、利用者の安心感は大きいと思います。

今後、国内仮想通貨取引所の図式が変わる可能性もあるかもしれませんが、現段階ではやはりbitFlyerがもっとも信頼性が高く、安心して使える取引所といえるでしょう。

特にbitcoin取引所としては絶対に使いたい取引所です。